【グラブル】気になる水着キャラの使い道は?[溟海の放蕩者]水着ダヌアのリセマラ評価

2017/09/22 更新

グラブルにおいて、SSRキャラ[溟海の漂蕩者]水着ダヌアのリセマラ候補としての評価を以下の通りにまとめています。彼女をリセマラという形で迎え入れたいと考えている方は、この記事を参考にしてくだされば幸いです。水着ダヌアは、味方全体にバリア、敵全体に攻撃DOWN、そして自身もダメージを受けますが、敵に4~5倍のダメージを与えるスキル構成です。

目次

グラブルにおいて、SSRキャラ[溟海の漂蕩者]水着ダヌアのリセマラ候補としての評価を以下の通りにまとめています。 彼女をリセマラという形で迎え入れたいと考えている方は、この記事を参考にしてくだされば幸いです。

水着ダヌアの最新評価

水着ダヌアは、味方全体にバリア、敵全体に攻撃DOWN、そして自身もダメージを受けますが、敵に4~5倍のダメージを与えるスキル構成です。こうした特徴から、攻撃と支援の両方で活躍できるSSRキャラであることがわかり、ボスなど攻撃力の高い敵が相手でも活躍してくれます。

水着ダヌアは、奥義においても成功率はやや低めですが、恐怖効果が付与されることがあり、さらにその効果は1分間で非常に強力です。 リセマラで序盤から味方に加えられれば心強いですが、期間限定のレジェンドガチャでしか排出されません。よって、入手の難易度は高めと言えるでしょう。

水着ダヌアの長所

味方に高い効果量のバリアを付与する「エンヴィードール」と、敵の攻撃力を下げる「アップグルント」が水着ダヌアのスキルです。この二つのスキルによって、水着ダヌアひとりで敵から受けるダメージを大きく減らせます。

さらに、ダメージ倍率の高さと使用間隔の短さがウリの「グリムリッパーII」と、恐怖効果を付与する「グラン・ギニョル」も水着ダヌアの強いところです。この攻撃スキルと奥義から、攻撃面の性能でも申し分はありません。

水着ダヌアの短所

「グリムリッパーII」は強力ですが、使用ターン終了時に自分にも最大HP10%分のダメージのデメリットがあります。さらに使用間隔も4ターンと短いため、調子に乗って連発しているとひどいことになっている可能性も否めません。

水着ダヌアの奥義に付与される恐怖効果も強力ですが、その成功率はやや低めです。長所にもあったように攻撃面においても申し分ない性能ですが、同時に過信は禁物と言っても過言ではありません。

水着ダヌアのスキル

  • エンヴィードール:3ターンの間、味方全体に耐久値1200のバリア効果を付与します。
  • グリムリッパーII:使用時に自身も最大HP10%のダメージを受けますが、敵に4〜5倍の闇属性ダメージを与えます。
  • アップグルント:3分間、敵全体に攻撃25%ダウン効果を付与します。

水着ダヌアの立ち回り

攻撃と支援の両方で効率よく活躍させるには、「グリムリッパーII」の特徴を理解するのがポイントとなります。

自身のバリア、クリアや幻影といったもので対処できますが、調子に乗って連発し過ぎないよう心がけましょう。

グラブル 水着ダヌアについてまとめ

若干のデメリットはありますが、攻撃と支援の両方で活躍できる特徴から、水着ダヌアのリセマラ候補としての評価は良いと言えます。

期間限定ガチャでしか入手できませんが、リセマラを狙ってみる価値はあるでしょう。

関連記事一覧

グラブルのおすすめ記事

コメントする