【グラブル】[枯命の禁術師]闇サルナーンのリセマラ評価

2017/06/26 更新

グラブルにおいて、SSRキャラ[枯命の禁術師]闇サルナーンのリセマラ候補としての評価を以下の通りにまとめています。彼をリセマラとして迎え入れたいと考えている方は、この記事を参考にしてくだされば幸いです。グラブルの闇サルナーンは、攻撃、ブレイク延長、HP吸収のスキル構成で比較的に扱いやすい性能の光属性バージョンと比べ、こちらはクセのある性能となっています。

目次

グラブルにおいて、SSRキャラ[枯命の禁術師]闇サルナーンのリセマラ候補としての評価を以下の通りにまとめています。 彼をリセマラとして迎え入れたいと考えている方は、この記事を参考にしてくだされば幸いです。

グラブル 闇サルナーンの最新評価

グラブルの闇サルナーンは、攻撃、ブレイク延長、HP吸収のスキル構成で比較的に扱いやすい性能の光属性バージョンと比べ、こちらはクセのある性能となっています。

闇サルナーンは、味方全体に再生効果ももたらす闇属性の攻撃スキルとその補助スキル、そして敵と味方全体の全状態異常・状態支援を全て打ち消す全体ディスペルを所持しています。これらは、特殊な支援向けの性能で、この特徴を理解していないと自分どころかマルチバトルで他の参戦者を危険に晒しかねません。

そのため、闇サルナーンは初心者となるとますます扱い辛いキャラで、リセマラ候補としてはあまりおすすめできないキャラです。

グラブル 闇サルナーンの長所

闇サルナーンの「ルナーメア」は敵に闇属性ダメージを与えると同時に、味方全体に再生効果をもたらすという特徴があります。そして、「フォビドゥンカース」と併用することでダメージ倍率を上げ、回復と攻撃の両方を両立させ続けられます。

さらに極め付けは、敵味方全体の状態異常・支援を消去する「ウニア」です。使うタイミング次第では諸刃の剣となりますが、シュヴァリエ・マグナのような多数の状態支援を張る敵に対して非常に有効です。

グラブル 闇サルナーンの短所

闇サルナーンの短所は、長所でもある「ウニア」です。敵と味方の全ての状態支援と状態異常を消去する、諸刃の剣にもなるスキルです。タイミング次第ではディスペルとなりますが、逆に敵の状態異常も一緒に消してしまう危険性もあります。

さらに、闇サルナーンの「フォビドゥンカース」は消去不可の固有状態異常で、ターン終了時に使用回数×1000のダメージを受けます。こちらも事実上諸刃の剣ともなり、使い所に注意する必要があります。

グラブル 闇サルナーンのスキル

  • ルナーメア:敵に闇属性ダメージを与え、味方全体のHPを再生効果で回復します。同時にフォビドゥンカースの使用回数に応じたダメージを自身に受けます。
  • ウニア:敵味方全体の状態異常・支援を全て消去します。
  • フォビドゥンカース:ルナーメアの効果を最大7回まで累積でアップします。

グラブル 闇サルナーンの立ち回り

闇サルナーンは、主に「フォビドゥンカース」を適度に使用し、他の2つのスキルのタイミングを測りながら味方の援護をしながら戦うのが基本的な戦い方です。

頃合いを見計らって「ルナーメア」で特攻をかけ、サブとして控えさせた主力メンバーに交代させるのも手です。

グラブル 闇サルナーンについてまとめ

闇サルナーンは、諸刃の剣のスキルとその使い道からとても扱い辛く、リセマラ候補としての評価はおすすめできない部類に入ります。

彼が目当ての方は、この記事を参考にして一度よく考えてみるといいでしょう。

グラブルのおすすめ記事

コメントする