【グラブル】リミテッドverって一体何が違うの?[蒼空の先導者]ラカムの評価

2017/09/22 更新

「グランブルーファンタジー」の登場人物で、SSRのレアリティを持つ火属性のパーティキャラクター「ラカム(リミテッドver.)」はSSRのレアリティを誇ります。SSRというトップクラスのレアリティを持つ彼の実力と評価は、果たしてどんなものなのでしょうか。今回は、彼の戦闘能力を踏まえて、その実力と評価について分析・解説してみました。

目次

グラブル SSRキャラ「ラカム(リミテッドver.)」とは

2016年11月28日から期間限定のグラブルレジェンドガチャでラカムが登場しています。今回は、パーティキャラも含めてSSRへとランクアップした限定キャラクター「リミテッドシリーズ」です。そのひとりとしてSRからSSRへとランクアップしたのが、この「ラカム(リミテッドver.)」です。

メインクエスト第2章クリアでSRキャラとして加入するラカムは、モードゲージを減らすアビリティと、ダブルアタックが出やすいサポートアビリティでボス級の強敵にも強いという特徴があります。

しかし、SSRのラカムは、1回ごとのアビリティ使用回数によって強化されるものがあります。また、確率によりますが全体攻撃へと変化する通常攻撃のサポートアビリティという大きな特徴を持っています。

その他にも、1回使っても30%ゲージが上昇するという奥義や、性能がアップしたモードゲージ減少のアビリティなどもあります。

ラカム(リミテッドver.)のステータス

  • レアリティ:SSR
  • 属性:火
  • 得意武器:銃
  • タイプ:特殊
  • 種族:ヒューマン
  • 加入条件:レジェンドガチャ(期間限定)「ベネディーア」入手
  • MinHP:300
  • MAXHP:1600
  • MinATK:1500
  • MAXATK:8000

ラカム(リミテッドver.)の奥義

デモリッシュピアース

効果:火属性ダメージ(特大)/奥義ゲージ30%UP

SRの秘奥義「バニッシュピアース」の強化版で、牽制射撃を3発浴びせた後、渾身の力を込めた炎の一射を撃ち込む奥義です。

奥義としての特大ダメージはもちろん、奥義を短いターン間隔で連発しやすいという特徴があります。

ラカム(リミテッドver.)のアビリティ1

アビリティ1:スピットファイア

効果:敵に火属性ダメージ+自身にスピットファイア付与(4ターン・最大3回まで累積可)

  • 使用間隔:2ターン
  • 取得条件:初期
  • 強化Lv:55

ラカム(リミテッドver.)の生命線と言えるアビリティです。敵に火属性ダメージを与え、同時に自身の攻撃とチェインバーストダメージUP効果の「スピットファイア」を付与します。

使用間隔が2ターンと非常に短く、最大3回までの累積強化が可能です。また、強化した状態を維持しやすいのが大きな特徴と言えます。

奥義を発動するかターンが経過すると累積強化が消えます。しかしチェインバーストダメージUPの恩恵を受けることができるのが強味です。

ラカム(リミテッドver.)のアビリティ2

アビリティ2:デュレーションII

効果:敵がオーバードライブ時にモードゲージ減少(戦慄付与)+自身にモードゲージ減少UP付与(3ターン)

  • 使用間隔:5ターン
  • 取得条件:初期
  • 強化Lv:75

SRから受け継がれてきたラカムのアビリティで、文字通りの強化版です。

オーバードライブ時の敵のモードゲージを減少するだけでなく、敵に戦慄の状態異常をもたらします。

さらにSSRにランクアップしたことでモードゲージ減少量は大きくなり、その汎用性は高まったと言えます。

ラカム(リミテッドver.)のアビリティ3

アビリティ3:ダブルタップ

効果:3ターンの間自身の攻撃が必ず連続攻撃になる

  • 使用間隔:8ターン
  • 取得条件:Lv45
  • 強化Lv:ー

3ターンの間、連続攻撃ができるアビリティで、発動するとダブルアタックは確定となります。

使用間隔は8ターンと長めです。しかし、敵のモードゲージを削れるのと、「スピットファイア」による奥義ゲージ消費の欠点を補うのにも役立ちます。

ラカム(リミテッドver.)の全体的な評価・使い方

「スピットファイア」による火力の累積強化と、「デュレーションII」でのモードゲージ削減によるオーバードライブ抑制という二つの強味を持ち、さらにボス級の強敵相手に活躍できるキャラといえます。

しかし、その「スピットファイア」で奥義ゲージの消費がどうしても激しくなってしまい、奥義の連発は事実上難しいです。そして、パーティの戦力が揃うと、チェインバーストダメージの上限に届きやすくなるため、折角の「スピットファイア」の恩恵も受け辛くなります。

一方、火属性ではパーシヴァルやマギサといった高火力を誇るSSRキャラがいるため、SSRに格上げされても火力では彼らに見劣りしており、敵をブレイクさせること以外では使い道がない可能性が高いです。

以上を踏まえてラカム(リミテッドver.)の使い道としては、まずは「スピットファイア」の使い道を考えるところから始めましょう。「ダブルタップ」などで連続攻撃率を上げて、消費をできる限り抑えながら「スピットファイア」を使いつつ、累積強化を最大値の3まで高めます。

最大値の3まで高めてからは、他のキャラに奥義ゲージを溜めさせ、チェインバーストの準備が整うのを待ちながら、2〜3ターン間隔で「スピットファイア」を使い、累積強化を維持します。そして、足並みを揃えてから奥義を発動してのチェインバーストを発動する事で大ダメージを狙っていくというわけです。

グラブル ラカムのまとめ

今回の記事では、グラブルのSSRキャラ「ラカム(リミテッドver.)」の戦闘能力を踏まえて、その評価や使い方について分析・解説しました。

SR時代の強味としての敵のモードゲージ減少に加え、アビリティによる累積強化を活かした火力を所持しています。火属性SSRキャラにとって申し分ない性能で、ボス級の強敵との戦いでも活躍してくれます。

関連記事一覧

グラブルのおすすめ記事

コメントする