【FGO】『山の翁』の評価とスキルと再臨素材を紹介 / Fate Grand Order

2018/07/17 更新

これを読めば「山の翁」の強さが分かる! 再臨素材や絆礼装なども掲載しています。FGO(Fate GrandOrder)の攻略の参考、「山の翁」の運用の参考にどうぞ!

目次

「山の翁」のステータスとスキル

「山の翁」の基本情報

レア度 クラス COST サーヴァント属性
★★★★★ アサシン 16 秩序・悪・人
サーヴァント特性 声優 最大絆Lv 絆礼装
人型・男性・愛する者 中田譲治 10(必要ポイント数168万) 幽谷の淵

「山の翁」のステータス

Lv HP ATK
初期 1956 1831
Lv50 8739 7801
Lv90 13338 11848
Lv100 14612 12969

パラメーター

筋力 敏捷 幸運 耐久 魔力 宝具
B A B E E A

コマンドカード

「山の翁」のスキル

戦闘続行「EX」

開放条件 初期から解放済み
効果 継続 CT
自身にガッツ状態を付与(1回5T) - 9(最短7)

信仰の加護「A+++」

解放条件 霊基再臨1回目
効果 継続 CT
⒈自身の弱体性をアップ(3T)⒉HPを回復 ⒊防御力アップ(1T)⒋攻撃力アップ(3T) - 7(最短5)

晩鐘「EX」

解放条件 霊基再臨3回目で開放
効果 継続 CT
⒈敵全体の即死耐性ダウン(3T)⒉自身のバスター性能アップ(1T) - 8(最短6)

「山の翁」のクラススキル

スキル 効果
対魔力「B」 自身の弱体性をアップ(17.5%)
気配遮断「A」 自身のスター発生率をアップ(10%)
単独行動「B」 自身のクリティカル威力をアップ(8%)
境界にて「A」 ・自信に即死無効耐性を付与・強力な魅力耐性を付与(100%)・攻撃時に低確率で即死効果が発生する状態を付与(5%)

「山の翁」の宝具

宝具名 効果

死告天使(アズライール)
⒈敵単体に超強力な攻撃<宝具レベルで威力アップ>⒉高確率で即死効果




「山の翁」におすすめの概念礼装

概念礼装 効果

熱砂の語らい
自身のスター集中力を400%アップ&クリティカル威力を20%アップ(最大開放後…自身のスター集中力を600%アップ&クリティカル威力を25%アップ)

ファラオ・チョコラトル
自身のBusterカード性能を10%アップ&宝具威力を10%アップ&NP獲得量を15%アップ
(最大開放後…自身のBusterカード性能を15%アップ&宝具威力を15%アップ&NP獲得量を20%アップ)

「山の翁」の霊基再臨素材

1回目の霊基再臨

素材 素材名
アサシンピース 5個
QP100000

2回目の霊基再臨

素材 素材名
アサシンピース 12個
凶骨 22個
QP 300000

3回目の霊基再臨

素材 素材名
アサシンモニュメント 5個
愚者の鎖 29個
呪獣胆石 2個
QP 1000000

4回目の霊基再臨

素材 素材名
アサシンモニュメント 12個
呪獣胆石 4個
虚影の塵 24個
QP3000000

「山の翁」の評価

「山の翁」の強い点と使える場面

場持ちの良いアタッカー

「信仰の加護」で最大5Tごとに2500回復+防御バフ付与、「戦闘続行」でHP0時に最大5000回復という場持ちの良さ・打たれ強さを誇ります。強力な回復要員であるキャスタークラスのサーヴァントを編成しにくい対ライダー戦でもHPを維持しつつ戦えます。その耐久性能は対ライダーなら高難度クエストでも単騎で勝ててしまえるほどです。

弱体などへの高い耐性

クラススキル”境界にて”の効果で即死を一切無効化+魅了に対しても高い耐性を発揮できます。基本的には目立たない効果ですが、即死の厄介な場面(ネロ祭の高難度クエスト”百殺夜行”など)で活きることがあります。 また、スキル2「信仰の加護A+++」で弱体全般への高い耐性を得られます。クラススキルに”対魔力”を有していることもあり、しっかりと育成が終わっていればスキル効果中はほとんどのデバフを受けずに立ち回れます。

スタメンから最後の1人まで戦える

繰り返し使用しやすい回復&防御力アップスキルにより、そのまま使っていても戦闘不能になりづらいです。また意識的に回復&防御スキルを付与することでスタメンから最後の1人まで残りやすいです。

「山の翁」の弱い点と使えない場面

パーティ内のアーツカードの枚数が減る

アーツカードを1枚しか持っていない都合上、マーリンや孔明に代表されるアーツ宝具を回していく編成と相性が良くありません。とはいえ、3体目にアーツ3枚持ちを編成するなど、パーティ単位で補うこともできます。また、対ライダー戦ならそもそもキャスターのサポーターを編成しないことも多いので、他クラスのアーツ1枚勢よりは良いと言えます。

自身のAQを選べなかったデメリットが大きい

ArtsとQuickは優秀なものの、NPやスターを稼げるチャンスが3ターンに1度しかなく、自身のAQを選べなかった際のデメリットが大きいです。早めに安定した宝具使用を狙う場合はNPチャージ礼装やNP付与などで補う必要があります。

キャラの総合評価

「信仰の加護」と「晩鐘」で乗算バフを1人付与できる。宝具やバスターブレイブチェインを狙える場面でバフを付与し火力を大幅に上げるの良いです。ただし「晩鐘」のCTは即死関連効果が追加されている都合上6ターンかかるため「魔力放出」よりも長いのが残念なところです。 基本的には生存力の高さを活かして場に居座り、敵と打ち合うことをメインとしたサーヴァント。単騎の性能が高く、殿としても活躍できるでしょう。 細菌のクエストでは、火力以上に生存力・弱体耐性の求められる高難度クエストが増えたことで、最初期よりも遥かに高く評価されるようになっています。スキルの育成度合いがストレートに運用に出るタイプのサーヴァントなので、要求素材数は大変ですが頑張って育成を進めましょう。

関連記事一覧

FGOのおすすめ記事

コメントする