【FGO】☆5サーヴァント「クレオパトラ」のリセマラ評価

2018/05/22 更新

FGOに登場する、アサシンクラスの☆5サーヴァント「クレオパトラ」の評価を以下の通りにまとめています。クレオパトラをガチャで狙う方、もしくは手に入れて、編成などの使い道を考えている方は、この記事を参考にしてくだされば幸いです。クレオパトラは、バスターカード2枚持ちであり、さらにバスター属性の全体攻撃宝具も持っているため火力を出しやすく、サーヴァントとの戦いでも活躍してくれます。

目次

FGOに登場する、アサシンクラスの☆5サーヴァント「クレオパトラ」の評価を以下の通りにまとめています。

クレオパトラをガチャで狙う方、もしくは手に入れて、編成などの使い道を考えている方は、この記事を参考にしてくだされば幸いです。

クレオパトラの最新評価

クレオパトラは、バスターカード2枚持ちであり、さらにバスター属性の全体攻撃宝具も持っているため火力を出しやすく、サーヴァントとの戦いでも活躍してくれます。 さらに、クレオパトラは、2種の回復系と弱体解除+無敵状態付与のスキルを持っていることから耐久力にも優れているという強味もあります。

ただし、クレオパトラは回復系のうち片方の特性上で期待以上の火力が出せず、さらに宝具使用は1000程度のダメージを受けるという弱点があります。 そのため、HPの管理に気を配り、なおかつ性能に過信しないよう心がけるのが大事です。そして、クレオパトラは、強化成功率アップのスキルを持つオジマンディアスと連携すればさらに真価を発揮できると言えます。

クレオパトラの長所

カード構成とバスター属性の全体宝具から攻撃面も強力ですが、特筆すべきはクレオパトラのスキル構成の優秀さです。

クレオパトラの「皇帝特権A」は自身のHPを回復し、自身の攻撃力と防御力を3ターンアップします。「黄金律(富&体)B」は自身のNP獲得量をアップし、同時に3ターンHPとNPを回復します。クレオパトラの「女神の加護C」はスター獲得と同時に自身に無敵状態を付与し、さらに弱体状態を解除する三重の恩恵がもたらされるという優れ物です。

クレオパトラの短所

長所として紹介した通り、宝具とスキル構成は強力ですが、それぞれ注意すべきデメリットがあります。まず、宝具は使用する際、自身のHPを1000程度減少するということ。瀕死の状態に使用すると、その時点で戦闘不能になる可能性が高いです。

クレオパトラのスキル「皇帝特権A」については、60%の確率でしか攻撃力と防御力アップが発動しないということが短所です。この特性から、宝具発動の際にさらなる火力を叩き出すのに使うのは若干厳しいものでしょう。

クレオパトラのスキル

  • 皇帝特権A:自身のHPを回復し、60%の確率で自身の攻撃力と防御力を3ターンの間アップします。
  • 黄金律(富&体)B:3ターンの間、自身のNP獲得量をアップし、同時にHP回復・NP獲得状態を付与します。
  • 女神の加護C:1ターン、自身に無敵状態を付与し、弱体状態を解除し、同時にスターを獲得します。

クレオパトラの立ち回り

クレオパトラの火力とスキルをさらに活かすには、「カリスマ」などの補助を持ったサーヴァントとの編成が必要不可欠です。

「皇帝特権A」を効果的にするには、やはりオジマンディアスとの連携がおすすめでしょう。

FGO クレオパトラについてまとめ

FGOのクレオパトラは、宝具やスキルこそ優秀ですが、それなりのデメリットがあるため過信は禁物というのが主な評価となります。

彼女の本領を発揮するには、オジマンディアスや他サーヴァントの支援スキルが欠かせないでしょう。

関連記事一覧

FGOのおすすめ記事

コメントする