【FGO】☆5サーヴァント「玄奘三蔵」の評価

2018/05/21 更新

FGOに登場する、キャスタークラスの☆5サーヴァント「玄奘三蔵」の評価を以下の通りにまとめています。玄奘三蔵をガチャで狙う方、もしくは手に入れて、編成などの使い道を考えている方は、この記事を参考にしてくだされば幸いです。玄奘三蔵は、スキル構成と宝具ともに攻撃向けで、アサシンクラスのサーヴァントやエネミーに対して大活躍が期待できるキャスターです。

目次

FGOに登場する、キャスタークラスの☆5サーヴァント「玄奘三蔵」の評価を以下の通りにまとめています。

玄奘三蔵をガチャで狙う方、もしくは手に入れて、編成などの使い道を考えている方は、この記事を参考にしてくだされば幸いです。

玄奘三蔵の最新評価

玄奘三蔵は、スキル構成と宝具ともに攻撃向けで、アサシンクラスのサーヴァントやエネミーに対して大活躍が期待できるキャスターです。 さらに、玄奘三蔵のスキルにはNP増加とNP獲得量上昇の効果もあり、これらと組み合わせれば宝具の連発も狙えます。

ただし、攻撃向けとしてスキルの中には宝具強化の効果もありますが、特攻効果のようにここぞという場面での瞬間火力を叩き出すことはできません。 玄奘三蔵の強みを引き出すには、諸葛孔明やナイチンゲールのような攻撃・防御の補助スキル持ちが必要となるでしょう。

玄奘三蔵の長所

玄奘三蔵の「五行山・釈迦如来掌」は、敵単体に超強力な攻撃を行うバスター属性の宝具で、高HPのアサシンとの戦いでも重宝してくれます。

自身のNPをすごく増やすと同時に宝具威力をアップする「高速読経A」をはじめとしたスキル構成です。そして、アーツカードも3枚持ちと全体的にNP回収率に優れているという特徴があります。これらをうまく活用すれば、宝具の連発を狙うのも難しくはないでしょう。

玄奘三蔵の短所

玄奘三蔵の宝具は勿論のこと、「高速読経A」も強力ですが、バスターアップや特攻効果のようにそれ以上の火力を上げてくれるスキルがないのが弱点です。

自身に攻撃を集中させる「妖惹の紅顔A」も、被ダメージカットの追加効果付きのためNP回収の手段に役立ちます。しかし、玄奘三蔵の宝具のような強力な攻撃にたえられるほどではありませんので、使い道には注意が必要です。

玄奘三蔵のスキル

  • 高速読経A:自身のNPを50以上増加し、同時に1ターンの間自身の宝具威力をアップします。
  • 妖惹の紅顔A:1ターンの間、自身にターゲット集中状態と被ダメージカット状態を付与します。
  • 三蔵の教えA:3ターンの間、味方全体のNP獲得量とスター発生率をアップし、さらに1ターンの間弱体無効状態を付与します。

玄奘三蔵の立ち回り

まずは玄奘三蔵の「三蔵の教えA」と「妖惹の紅顔A」を使い分けつつ、NPを回収していきましょう。

NPが50〜80くらいに溜まったら、玄奘三蔵の「高速読経A」を使って宝具を発動するという流れに持ち込むのが理想です。

FGO 玄奘三蔵についてまとめ

FGOの玄奘三蔵は、攻撃面に優れているという所は評価としていい方ですが、自身で火力の底上げができないのが欠点です。

概念礼装やサーヴァントの編成で、彼女の真価を発揮できると言えます。

関連記事一覧

FGOのおすすめ記事

コメントする