【FGO】リセマラ候補としての評価は? 星5サーヴァント「ブリュンヒルデ」

2018/09/11 更新

「Fate/Grand Order」におけるランサークラスの☆5サーヴァント、ブリュンヒルデ。 皆さんのリセマラ候補に入っている彼女の実力と評価は、果たしてどのようなものなのでしょうか。 今回は、彼女のスキル・ステータスなどの戦闘能力を踏まえて、その評価について分析・解説してみました。

目次

☆5サーヴァント「ブリュンヒルデ」とは?



FGOのブリュンヒルデは、『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』にて初登場した槍兵の英霊で、
期間限定のピックアップガチャでしか入手できない、極めてレアとも言えるサーヴァントです。



宝具の特攻範囲こそ不明で若干の使い辛さこそありますが、Artsが2回、Quickが3回、EX攻撃が5回と連続攻撃数が多くNPを稼ぎやすい上に、スキル構成もオールラウンダーと言っていいほどで、どの局面でも活躍が期待できます。

リセマラ候補としても有望株に入りますが、星5サーヴァントである上にピックアップのような特定のガチャでしか召喚できません。

さらに、リセマラを狙うにはその時期を選ぶしかないため、通常プレイの召喚においてもリセマラにおいても、どのサーヴァントよりも入手の難易度が極めて高いと言っても過言ではありません。

ブリュンヒルデのステータス

  • レア度:☆5(SSR)
  • クラス:ランサー
  • コスト:16
  • HP(初期):2174
  • HP(Lv50):9929
  • HP(Lv90):14825
  • ATK(初期):1766
  • ATK(Lv50):6869
  • ATK(Lv90):11432
  • コマンドカード:Quick(2)/Arts(1)/ Buster(2)

ブリュンヒルデの宝具

死がふたりを分断つまで(ブリュンヒルデ・ロマンシア)

  • 属性カード:Buster
  • ランク:B
  • 種別:対人宝具
  • 効果:敵単体に超強力な攻撃+[愛する者]特攻(オーバーチャージで効果UP)&味方全体のスター発生率アップ(3ターン)

敵単体に超強力な攻撃という効果からボスサーヴァント戦向けですが、[愛する者]特攻でさらに強力な攻撃を繰り出すことができます。

しかし一方で、この特攻が問題点となっており、
特攻範囲に含まれるサーヴァントが分かり難く、
単なる男性特攻の宝具ではないため使うには注意が必要です。

ちなみに、現時点で特攻範囲に含まれていることが判明したサーヴァントは以下の通りです。

サーヴァント名 クラス
ランスロット セイバー
ラーマ セイバー
ジークフリート セイバー
ガヴェイン セイバー
カエサル セイバー
ジル・ド・レェ セイバー
フェルグス セイバー
ペディヴィエール セイバー
ニコラ・テスラ アーチャー
エミヤ アーチャー
ロビンフッド アーチャー
俵藤太 アーチャー
カルナ ランサー
クー・フーリン ランサー
ディルムッド ランサー
武蔵坊弁慶 ランサー
イスカンダル ライダー
オジマンディアス ライダー
坂田金時 ライダー
牛若丸 ライダー
諸葛孔明 キャスター
ギルガメッシュ キャスター
クー・フーリン キャスター
パラケルスス キャスター
ジェロニモ キャスター
アマデウス キャスター
山の翁 アサシン
エミヤ アサシン
ジキル&ハイド アサシン
坂田金時 バーサーカー
ヴラド三世 バーサーカー
クー・フーリン(オルタ) バーサーカー
べオウルフ バーサーカー



ただし、宝具火力については下記の「魔力放出(炎)」のBusterアップによる火力強化のおかげで、
さらに直前にBusterカード2枚とも組み合わせてのバスターブレイブチェインを狙うことで、
範囲外であってもある程度の威力は保証されています。

ブリュンヒルデのスキル

クラススキル:ランサー

  • 対魔力B:自身の弱体耐性を少しアップ
  • 騎乗A:自身のQuickカードの性能をアップ
  • 自身に与ダメージプラス状態を付与

保有スキル1:魔力放出(炎)B

  • ランク:B
  • チャージターン:7
  • 効果:自身のBusterカード性能をアップ(1ターン)&宝具威力をアップ(1ターン)
  • 開放条件:初期

自身のBusterカード性能と宝具威力を同時にアップさせるスキルです。

宝具の[愛する者]特攻範囲に含まれないサーヴァントが相手となっても、
このスキルと、バスターブレイブチェインを狙える状況があればある程度の火力を確保することは可能です。



保有スキル2:原初のルーン

  • ランク:ー
  • チャージターン:8
  • 効果:敵単体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)&宝具威力をダウン(1ターン)
  • 開放条件:霊基再臨1段階突破

クリティカル発生率低下と宝具威力ダウンのふたつを敵に対して同時に行えるスキルです。

宝具など強力な攻撃を持つサーヴァントやその他強敵に対しての戦いで重宝します。



保有スキル3:英雄の介添

  • ランク:C
  • チャージターン:7
  • 効果:味方単体にスター集中状態を付与(3ターン)&HPを回復
  • 開放条件:霊基再臨3段階突破

原初のルーンと同じように、味方のHP回復とスター集中状態の付与のふたつを同時に行えるという強力なスキルです。

しかも味方のどれかひとりに任意で付与できるため、状況に応じて使い分ければ戦局を有利に運ぶことができます。

ブリュンヒルデの入手方法

現在、ブリュンヒルデは期間限定の召喚でしか排出されていないため、
リセマラはおろか、通常のガチャでも狙うのが難しい状況となっています。

リセマラでの入手を狙う場合は、ブリュンヒルデが出現する期間限定のガチャが実施している間にリセマラを行うしか他にはありません。

さらに排出率が1%の☆5サーヴァントであって入手自体も容易ではないことを承知の上で挑戦する必要があります。

FGO ブリュンヒルデ まとめ

今回は、FGOの星5サーヴァント「ブリュンヒルデ」のリセマラ候補としての評価について解説してみました。

期間限定の召喚でしか出現しない☆5サーヴァントだけあって入手は難しく、宝具も不明な特攻範囲で使い辛さも否めません。

しかしNPが稼ぎやすいという特徴があり、
スキルもあらゆる状況に対応できるものが揃っていたりと、
リセマラ候補としても非常に期待できます。

よって、普通のガチャでもリセマラでも、
パーティに迎え入れるのは容易ではありませんが、
その分戦力としての期待はできます。

どうしてもリセマラで欲しいという方は、
期間限定を待って挑戦するのがいいでしょうが、
普通のガチャでも入手できるため、
無理してその時期を待つ必要はないと思われます。

関連記事一覧

FGOのおすすめ記事

コメントする