【パズドラ】エルドラ(古老)のスキルと評価

2018/08/31 更新

この記事ではパズドラにおけるエルドラ(古老)についての記事です。基本的なステータスとスキルの紹介、運用方法についての考察を掲載しています。

目次

パズドラにおけるエルドラ(古老)についての評価記事です。基本的なステータスとスキルの紹介、運用方法について考察します。

エルドラ(古老)の評価



リーダー評価 サブ評価
6/10点 6/10点

リーダーとしての評価

攻撃力と回復力に1.5倍の倍率と火の十字消しでほぼ上限なしで火力を出すと事ができます。

HP倍率やダメージ軽減がないので、耐久力はないですが、
火力を出すことができるため、
先制ダメージがないダンジョンでは高難度でも使えます。

しかし、通常盤面では火の十字が2つしか組めないため、
約18倍の火力しかだせず、それ以上は運になってしまうので、
【7×6マス】リーダーと組み合わせることで使いやすくなるのでおすすめです。

サブとしての評価

水属性軽減を3つ持っているのが特徴です。

また、火ドロップ強化は列パーティや、
コンボパーティに縛られずに入れることができるので幅広い使い道がありますが、
バインドに弱いので対策しましょう。

水属性耐性3つは水属性に対して強力ですが、
他の属性に対して全く役に立ちません。

また、水属性の無効パーティは組みにくいので、
おまけ程度に考えるといいでしょう。

エルドラ(古老)におすすめの潜在覚醒

潜在覚醒 理由・説明
水属性軽減 覚醒スキルで水属性軽減を持っているので、さらにダメージを減らすことができます。
スキル遅延耐性 スキルを有効的に使うために遅延体制がおすすめ



エルドラ(古老)の基本情報

属性 タイプ コスト
火/火 ドラゴン 50
レア 最大レベル 必要経験値
★8 99 500万

エルドラ(古老)のステータス


HP 攻撃 回復
レベル最大 3851 1537 165
+297 4841 2032 462

エルドラ(古老)のリーダースキル

伝承・古龍の獄炎
ドラゴンタイプの攻撃力と回復力が1.5倍。火の5個十字消し1個につき攻撃力が3.5倍。

エルドラ(古老)のスキル

炎の英知
ターン数:7
ランダムで火と回復ドロップを3個ずつ生成。1ターンの間、1コンボ加算される。

エルドラ(古老)の覚醒スキル

アイコン 効果
ドロップ操作時間が少し延びる
ドロップ操作時間が少し延びる
チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる
強化された火ドロップの出現率とダメージがアップする
強化された火ドロップの出現率とダメージがアップする
強化された火ドロップの出現率とダメージがアップする
水属性の敵から受けるダメージを軽減する
水属性の敵から受けるダメージを軽減する
水属性の敵から受けるダメージを軽減する

エルドラ(古老)の入手方法

・パズドラレーダー ・9月のクエスト達成報酬 ・モンスター購入

エルドラ(古老)のスキルと評価まとめ

リーダーとしてはHP倍率やダメージ軽減はなく耐久力がありませんが、
攻撃倍率にほぼ上限がないので、
非常に高い火力を出すことができます。

しかし、通常盤面では火の十字が2つしか組めないので、
【7×6マス】で使用すると使いやすく火力もだせるのでおすすめです。

サブとしては水属性軽減と火ドロップ強化を3つ持っています。

特に火ドロップ強化はパーティのコンセプトにあまり左右されないので、使い道の幅が広いです。

水属性耐性はあまり使えるところがなく、
無効パーティも組みにくいので、
水属性耐性を目的で使用することはないでしょう。

関連記事一覧

パズドラのおすすめ記事

コメントする