【パズドラ】スキルの活用先が豊富!武藤蓮次の最新評価【クローズコラボガチャ】

2018/05/20 更新

パズドラ クローズコラボガチャキャラ「花組の相談役・武藤蓮次」の最新評価をまとめています。新スキルのロック解除ができる上に優秀な変換内容のスキルが最大の強みです。優良アシストキャラとして活躍するでしょう。

目次

武藤蓮次の最新評価

パズドラ武藤蓮次は、基本的に火か光パのアシスト用に使用するキャラと考えましょう。他は充足していてもスキル封印耐性だけが足りない状況でなら、武藤蓮次をそのまま火パのサブに起用してもいいです。しかし、スキル封印耐性を2個持っているという点以外では優位性はありません。

またリーダースキルについても特徴のあるものでも強いものでもないので、リーダー運用にもあまり向いてません。 アシストを前提にスキルが必要か否かで起用の判断をしましょう。変換内容が優秀なことから、アシストキャラとしては高評価です。

武藤蓮次のスキル

ロック解除に火と光を作る変換スキルです。最短7ターンとロック解除効果が付与されているので扱いやすい変換スキルです。 火と光はイルミナやツバキ、イルムのような同時に必要となるパーティがたくさんあり、このスキルは重宝します。

武藤蓮次の戦い方

基本はロック解除用としてロックギミックのあるダンジョンで使います。 またアシストとして使うならロック解除の必要性が無くとも、単なる変換スキルとして多くの火と光パで活躍します。

火パでは、イルミナ、ツバキ、緋村剣心、転生ミネルヴァパのサブが揃っていなければ、武藤蓮次をそのままサブに起用しても邪魔にはなりません。しかしテンプレが揃うまでの代用にとどまり、その後は火パでもアシストキャラとして使用することになります。

武藤蓮次の長所

スキルを活かせる場が多い

ロックギミックは多くの敵が撃ってきます。それに対応できて、かつ変換内容も優秀でスキルを活かしやすいところが武藤蓮次のポイントです。

武藤蓮次の短所

スキル以外が貧弱です

スキルは内容もターン数も優秀な部類にはなりますが、それ以外にパッとしないので武藤蓮次をそのまま起用しにくいのが残念です。ステータスも低めなのでパーティに入れると全体の火力やHP、回復力が落ち込みやすいです。

武藤蓮次の適正クエスト

ロックギミックのあるダンジョンならスキルを最大限に活かすことができます。

特に+297ゼウス降臨!やチャレンジダンジョンなどで究極青ソニアが出現する時など、全盤面がロックされるダンジョンで有効です。

パズドラ 武藤蓮次についてまとめ

パズドラの武藤蓮次は、スキルだけ優秀なキャラという評価になります。 アシスト先になるパーティが豊富なのでアシストキャラとしては使いやすい良キャラになるでしょう。 イルミナパなどの火光を同時に必要とするパーティのロック解除用スキルとして捨てずに残しておく価値はありそうです。

関連記事一覧

パズドラのおすすめ記事

コメントする