不用意なRMTは注意!安全に白猫プロジェクトでRMTをする方法とは?

2018/05/20 更新

近年では、白猫プロジェクトのプレイヤー数も増加し、RMT(リアルマネートレード)という言葉を聞く機会も増えてきました。 ただリアルマネーが絡む分、不用意なRMT(リアルマネートレード)には警戒も必要です。そこで今回は、白猫プロジェクトで安全にRMTをする方法をご紹介します。 この記事はRMTの方法を紹介するもので、決して助長するものではありません。完全自己責任で行うようお願いいたします

目次

近年では、白猫プロジェクトのプレイヤー数も増加し、RMT(リアルマネートレード)という言葉を聞く機会も増えてきました。 ただリアルマネーが絡む分、不用意なRMT(リアルマネートレード)には警戒も必要です。 そこで今回は、白猫プロジェクトで安全にRMTをする方法をご紹介します。

<この記事はRMTの方法を紹介するもので、決して助長するものではありません。完全自己責任で行うようお願いいたします>

白猫プロジェクトでRMT(リアルマネートレード)をする方法とは?

白猫プロジェクトで安全にRMT(リアルマネートレード)をする方法は、まずはRMTアカウントを販売しているサイトをネット上で検索し、価格の相場を確かめることから始めましょう。

価格はサイトや、出品者のデータによって大きく異なりますので、その点はご自身でよく判断し、購入を決めましょう。

次に、RMTはリアルマネーでの取引となるため、振り込みに使う銀行口座を用意する必要があります。またアドレス入力も必要となるため、不安ならRMT用のフリーアドレスも取得しておきましょう。

以上のものを事前に用意しておけば、後は実際にサイトにて購入の手続きを済ましていくだけです。

白猫プロジェクトは人気ゲームなので、商品数もたくさんあります。自己責任で行うようにしてください。

白猫プロジェクトのRMTの実例

白猫プロジェクトのRMT(リアルマネートレード)は実際どのようなものなのでしょうか。多くはアカウントの売買が行われています。

強いキャラや、リセマラで強いキャラが当たれば高値で取引される可能性があります。またジュエルなどアイテム自体がRMTとして取引されている場合もあります。

RMTの危険性とその対策は?

白猫プロジェクトのRMTは魅力的である分、時に詐欺にあうといった危険性を孕んでいることも忘れてはいけません。

例えば、出品者と販売者では事前にチャットなどを通じて、質疑応答をし、安全に売買をする流れになることも多いです。 その過程で購入者のほうから、「送られてきた画像が合成という可能性もある」ため実際にiCloudを通じてアプリ内の情報を探りたいという要望がありました。もちろんそれはアカウントも晒されてしまうとのことで危険な行為であり、危うくアカウントを奪われかけるという事例です。

このような危険に晒されないように、しっかりとした取引システムが保証されている場所が望ましいです。

白猫プロジェクト RMT(リアルマネートレード)まとめ

RMTをすることで、苦労することなく強いデータでプレイすることができるのは非常に魅力的ですよね。ただ、リアルマネーが絡む分、詐欺などに合わないためにも慎重な行動を意識する必要もあります。

またこの記事自体もRMT行為を推奨するものではありません。行う場合は自己責任です。

その点を忘れず、今後もより楽しい白猫ライフを送ってくださいね。

関連記事一覧

白猫プロジェクトのおすすめ記事

コメントする