【シャドバ】天食らう異形の評価とデッキの組み方/シャドウバース

2018/08/27 更新

シャドウバースにおける「天喰らう異形」の評価とデッキの組み方についてまとめています。

目次

シャドウバースの第9弾追加パックである「蒼空の騎士団」におけるアディショナルカードレジェンドの一枚、「天喰らう異形」の能力とデッキの組み方についてまとめています。





天食らう異形のステータス

コスト/スタッツ
9/6/4
能力
自分のターン終了時、このターン中にカードを7枚以上プレイしていたなら、自分の手札のこのフォロワーを+7/+7する。疾走

天喰らう異形のおすすめポイント

高いバースト能力を有しています。他のカードに頼らずとも6点、ないしは進化を使って8点のバーストダメージをたたき出すことができる点は優秀だといっていいでしょう。 しかも、手札にこのカードが存在してさえいれば7枚以上のプレイで15点もの打点をたたき出すことが可能です。 バースト能力を極力落とされ続けてきたシャドウバースにおいて、この点数は破格の大ダメージであるといっていいでしょう。 特に手札をため込む「ウィッチ」、ひたすら相手の札を捌き続ける「コントロール」系のデッキにおいてこのカードは天敵にすらなりうる性能だといえます。

天喰らう異形におすすめのデッキ

単なる疾走フォロワーとして見ると、より優秀なフォロワーが何枚か存在しているので、やはりデッキに投入するのであれば自身を場バフする能力を活かしたいところです。 しかし7枚という制限が曲者で、手札のほとんどを使い切る以上、ほとんどのデッキではほぼ不可能だといえるでしょう。 唯一の可能性としてあげられるのが、自動効果によって「フィル」を継続的に手札に加え続けられる「コルワ」を採用したデッキです。 長期的な消耗戦をしかけたのち、「フィル」の能力によって2回攻撃を獲得させれば、一気に相手の体力を削り取ることもできます。

天喰らう異形の評価とデッキの組み方まとめ

総合すると、高いバーストダメージが強力なカードだといえるでしょう。ことスタンダード環境においては1ターンに大きすぎるダメージを出せるフォロワーは規制される傾向にあるので、その点、これほどのダメージを出すことのできるこのカードはある種特別だといえます。 効果を活かすことができずとも、そのまま8点バースト、ないしは「フィル」等の効果によってそれ以上のバーストダメージを出しても十二分に優秀です。 総合すると、その能力を活躍させることができ、かつ能力が発動せずともそれなりに戦うことのできるデッキでこそ輝くカードだといえるでしょう。

関連記事一覧

シャドウバースのおすすめ記事

コメントする