【FEヒーローズ】リブローで回復可能!マリアのリセマラ評価と立ち回りについて

2017/08/16 更新

今回はピックアップガチャ、ルフレ対抗編でも取り上げられた「マリア」について紹介します。結論から言いますと、マリアはサポート専門のユニットなのでステータスも低めに設定されており、無理に★5を狙うユニットではありません。しかし、いくつか便利なスキルを持っています。この記事ではマリアの立ち回りなども含めて紹介しています。

目次

今回はピックアップガチャ、ルフレ対抗編でも取り上げられた「マリア」について紹介します。

結論から言いますと、マリアはサポート専門のユニットなのでステータスも低めに設定されており、無理に★5を狙うユニットではありません。しかし、いくつか便利なスキルを持っています。この記事ではマリアの立ち回りなども含めて紹介しています。

マリアの最新評価

FEヒーローズでは射程2の回復杖「リブロー」が超優秀です。 FEヒーローズで現在このリブローを使えるのはマリア・サクラ・ラケシスの3キャラだけです。回復量は8と少ないですが、味方の陣形を崩さず壁役を回復したり、前線に行った騎馬兵を回復したりすることもでき、非常に優秀です。

ただし回復させたユニットは魔防の鼓舞の射程外になってしまうため、どちらを重要視するかでリライブとの選択もできます。

マリアの奥義

マリアの奥義「治癒」と「祈り」はどちらも便利です。 治癒は杖系ユニット共通の奥義で杖の回復量が+10されるものです。奥義カウントも1と使いやすくリブローの回復量を補うことができるので有用です。

祈りは現在マリアのみが使える奥義、カウントは5と多いもののHPが2以上残っていれば、戦闘不能になるダメージを受けてもHP1で耐えることができます。闘技場では生存していることがポイントに直結するのでこちらも有用です。

どちらの奥義にもしっかりと使い道があるので、装備や他のメンバーによって選択できます。

マリアの長所

杖系ユニット全般に言えることですが、マリアも例に漏れずステータス合計値は低めに設定されています。しかし、速さや魔防の値は平均値より高めになっており、魔法相手であれば攻撃されても耐えることができます。

対無属性で有名なルフレやセシリアにも一撃で落とされることはありません。 また武器であるパニックの効果により、戦闘した相手のステータス上昇効果を逆転させられるので、こちらのターンで有利に立ち回ることができる様になります。

FE ヒーローズ マリアについてまとめ

マリアはサポート専門のキャラなのでリセマラをしてまで無理に狙う必要はありませんが、スキル構成は整っているので様々なパーティに柔軟に対応できます。ふとした拍子に★5や★4を手に入れた際には育成候補に上げても良いでしょう。

ただしHPや守備が低いので物理攻撃に弱いことや、強力なリブローと魔防の鼓舞が微妙に噛み合わないことから、それぞれのパーティに合わせ目的を持ったスキル選択を心がける必要があります。

FEヒーローズのおすすめ記事

コメントする