【ファンキル】めぐみんの評価とスキル/ファントムオブキル

2018/09/11 更新

【ファントムオブキル】めぐみんの長所・短所・スキル等徹底解説! めぐみんの長所は、高火力射程4発動のDS(デュアルスキル)! 確定発動率なので狙って高火力出せるところが優秀だ! しかし、DSを撃ったあとは動けない・攻撃できないという代償も! よく考えて運用しよう!

目次

【ファンキル】めぐみんの評価! 長所短所スキルまとめ

めぐみんは、2017年の3月に登場した古いキャラであるに関わらず、
未だに特定の場で使用されることがあるほど強く尖ったユニットです。

現在、上位互換である『めぐみん(海上編ver.)』や、威力は劣りますがサポート性能を兼ね備えた『さくら(オープニングver.)』など他の選択肢もありますが、持っていない場合は十分過ぎるほど選択肢にはいるでしょう。

めぐみんの評価




めぐみんの評価
7.0/10点
武具種
属性


めぐみんのおすすめ姫型


めぐみんのおすすめ姫型は、 魔型 です。

めぐみんは一発DSを撃つと次のターンは動けなくなります。

そのため回避や防御する事は出来ないので、攻撃力上昇させた方が効率的です。

高い火力を以て、敵一人を確殺する運用のためにも、魔の上限が一番高い魔型にしましょう。

また、型スキルは後から追加されたもので、使い勝手のいい火力上昇スキルはありません。

型スキルは殆ど意味をなしていません。

ただ例外が匠型です。

クエスト開始3Tの間移動コストが1になり、地形効果に縛られることのない移動が出来ます。

最速で敵を射程内に入れる補助が出来、なおかつ魔も上昇しているので火力も上がります。

妥協型として匠型はありの範疇でしょう。


姫型 スキル名 分類 型スキル
王型 爆裂道の王器 付与 自身のHPが50上昇する。自身および周囲3マス以内の味方ユニットの命中・回避を20上昇する
命型 爆裂道の命器 付与 自身のHPが200上昇し、HPが40%以下に減少すると魔攻・命中が30上昇する
魔型 爆裂道の魔器 付与 自身のHPが50上昇する。相手の魔よりも自身の魔が10上回っている場合、相手の速・技・運が10%下降する
守型 爆裂道の守器 付与 自身のHPが50上昇する。敵から攻撃を仕掛けられた時、物防・魔防が30上昇し、確率で自身に追撃が発生する
匠型 爆裂道の匠器 付与 自身のHPが100上昇する。クエスト開始から3ターンの間、進入可能なマスの移動コストが1になり魔・技が10上昇する。※「移動コスト無視封印」では封じられない


めぐみんのスキル構成

スキル名 スキル分類 詳細
我が力のたかぶりを感じる…! 星6時
リーダースキル
詳細
天命断行 付与 いずれの国にも属さないユニット。「ハルモニア教皇国」「ケイオスリオン王国」「トレイセーマ共和国」「ティルヘルム」所属のキル姫へ与えるダメージが20%増加する
先手必勝・紅魔 付与 自身から攻撃を仕掛けた時、魔攻・命中が上がる
爆裂道の真髄 解放 3ターンの間、自身および周囲3マス以内の味方ユニットの物攻・魔攻・必殺を+15する
我が禁断の力 デュエル 防御時に確率発動。相手の武具種が銃の場合、ダメージを大きく軽減する
この巡りあわせに祝福を! 付与 このすばユニットが自軍に多いほど、自身の必殺回避が上昇する
エクスプロージョン デュエル 4マス以上離れた位置で自身から攻撃を仕掛けた時に発動。300%威力で攻撃する。デュエル後、相手の周囲2マス以内の敵に与えたダメージの一部ダメージを与えるが、1ターンの間自身は行動不可および移動不可になる ※デュエル後のダメージでは撤退させられない
エイドプロージョン 付与 自身および周囲5マス以内の自軍炎属性ユニットの魔を5%上昇する
エクスプロージョン 魔弾 高い威力を持つ爆裂魔法。威力が高めだが消費HP高い
エクスプロージョン【真紅】 魔弾 高い威力を持つ爆裂魔法。威力がさらに高くなっているが、消費HPも高い
エクスプロージョン【集中】 魔弾 魔力を集中させた爆裂魔法。自ら仕掛けると高威力の爆裂魔法が発動する。※スキル習得済みの場合のみ(この『スキル』はDSを指す)


めぐみんの長所

めぐみんが持つ、『4マス以上離れた場所で自ら攻撃した場合、確定発動で300%攻撃』といDSは、非常に強力です。

一時期マルチ対戦では、めぐみんを積んだパーティーで溢れかえっていたほどです。

魔攻上昇LSに確定3倍攻撃は、今ほどHPの高くなかった時代、殆ど敵をワンパンするという意味に等しい威力を持っていました。

次のターンの行動不能と引き替えに、敵を一体倒すことが出来るということと、以前はほぼ同義でした。

まるでめぐみんをメタるかのように登場した、『1ターン目のDS発動率上限を0%にする』スキルをもった『エンシェントキラーズ』が登場した後も、マルチ対戦では一定数めぐみんがいたほどです。

また、クエストでは『魔攻・必殺+15』という解放スキルも強力です。

300%DSであることを考えれば魔攻は実質45上昇、単発DSなのでクリティカル引けば攻撃倍率が9倍になります。

解放スキルであるのでし何回も使えることも優秀でしょう。

めぐみんの短所

めぐみんは4マス以上の攻撃にのみ特化していて、通常攻撃では絶対にDSが出ません。

射程3以内攻撃は、表示火力以上の火力がでることはありません。

射程3以内運用では非常に使いづらいでしょう。

まためぐみんは、DSを撃った次のターン、攻撃移動・スキル使用は出来ません。相手に狙われ放題な上、めぐみんの耐久力は決して高くありません。

PvP(マルチ対戦)やGvG(ギルドバトル)等では、
DS使った後は必ず倒されるものと思っていて間違いはないでしょう。

めぐみんの評価とステータスについてまとめ

めぐみんは非常にピーキーな、しかし強力なアタッカーです。

HPに過剰な倍率がかかっていない敵なら、一撃で倒すことが可能ですが、そのターンと次のターン訪れる行動・攻撃不可ことをよく吟味した上で、運用しましょう。

関連記事一覧

ファンキルのおすすめ記事

コメントする