【白猫テニス】リセマラでゲットしたい!今一番強い最強ギアとは何か?

2018/05/21 更新

白猫テニスではキャラクターの以外にもギアを揃えることが重要です。リセマラをする場合は汎用性の高いギアを入手することが大切です。そこで序盤の初心者から上級者まで使えるギアを徹底解説します。リセマラには時間がかかりますが、ゲームを進める際のスピードに差が出てしまうので、キャラもしくはギアのどちらかはお目当てのキャラクターが出るまで行うことをおすすめします。

目次

白猫テニスの強いギアとリセマラ向きのギアの違いとは

リセマラをする際には少しでも性能の良いギアを入手するべきです。

しかし、白猫テニスのギアには適したキャラタイプが使用することによって強いギアが多くあります。序盤はキャラ数が少ないため、タイプが合わずオートスキルを活かせないことが多くあります。どのキャラでも使用しやすい汎用性のあるギアを重要視してリセマラおすすめギアを紹介します。

汎用性のあるギアを当てよう!!ギアの汎用性とは?

ギアにはラケットとシューズがあります。ラケットにはギアショットとオートスキルが1つあります。シューズにはオートスキルが2つあります。ギアショットとは自分の能力アップや相手の能力ダウン、その他に変則的なショットを打つことができるギアショットなど様々です。

オートスキルは自身の能力をアップできます。オートスキルの場合はその恩恵を受けるにはキャラタイプが一致しなければいけないなど条件が必要な場合もあります。そこで、リセマラで狙うギアはできるだけタイプ条件の無いギアです。どのキャラでもオートスキルの恩恵を得ることができるので、序盤は特に使いやすいです。

白猫テニス リセマラおすすめラケット

ここでは、白猫テニスでオススメのラケットを紹介します。特にリセマラにオススメなものを紹介します。

スコラーズ・メイト

キャロモチーフのラケットで高いストローク値とギアショットが非常に優秀です。ギアショットにより戦術の幅が広がるのが特徴です。テクニック値が上がらないのが唯一の欠点です。

カームアンドアーダー

リリーモチーフラケットでこちらも高いストローク値とバッグスピンがするギアショットが優秀です。オートスキルがどのタイプでも使用できる点が使いやすいです。オートスキルでストローク+1もついているので、ストロークを極めたい時には大当たりです。

ヤエノオオシマ

サクラモチーフラケットです。こちらはストローク値とテクニック値が同じくらいのため前衛でも後衛でも使用しやすいです。また、オートスキルの使いやすさやギアショットで自身を強化できる点が扱いやすいです。初期の段階では特に使いやすいギアです。

ピンクスピルネ

ティナモチーフラケットです。ストローク値とテクニック値が上昇するラケットでテクニックが非常に高いのが特徴です。どのキャラでもオートスキルを使用できる点が優秀です。また、ギアショットは燃焼やスロウを解除できます。主にボレーをする方におすすめのラケットです。

リセマラおすすめシューズ

ここでは、白猫テニスのリセマラにオススメのシューズを紹介します。今回は2つほどオススメのシューズを紹介します。白猫テニスのリセマラで当たれば大当たりと言えます。

ディテクティブアイ

リリーモチーフのシューズです。スピード値が高く、オートスキルもどのキャラでも使用できます。スピード値が高いだけでなくスタミナ値もあるため非常に扱いやすいシューズです。前衛や後衛を選ばずに使用できるのでこのギアが当たればはシューズのリセマラは終わりでいいでしょう。

ライトスクエア

キャロモチーフシューズです。スピード値よりのシューズでスタミナ値は低めに設定されています。しかし、オートスキルにスタミナ消費-10%がついているためステータス以上にスタミナはあるように感じるでしょう。ポイントのリード時にスピードが10%上がるため使用者がとても多いです。初心者から上級者まで使用するシューズで主に前衛をやる方が使用します。また、スタミナタイプなどの足の遅いキャラに使用する場合も多いです。

リセマラ最強ギアまとめ

現在のギアではラケットよりシューズの方が評価の高いギアが多いです。ラケットよりもシューズを意識したリセマラをすることがおすすめです。上記のギアが出ればギアのリセマラは終了して良いでしょう。もし、強いギアが出ない場合でも星4ギアが多く入手できた場合はそこで終了するのもいい方法です。

白猫テニスのギアは交換機能があるためお目当てのギアでなくても利用する価値があります。リセマラには時間がかかりますが、ゲームを進める際のスピードに差が出てしまうので、キャラもしくはギアのどちらかはお目当てのキャラクターが出るまで行うことをおすすめします。

関連記事一覧

白猫テニスのおすすめ記事

コメントする