【白猫テニス】初心者が白猫テニスを攻略?序盤の立ち回り方!!

2018/05/22 更新

初心者が白猫テニスを攻略するポイントはキャラクターとギア(ラケットやシューズ)の選び方です。白猫テニスではギアという装備が存在します。初期から持っているキャラクターとガチャで手に入れたキャラクターやギアを有効活用しながらゲームを進めることが大切です。<font color=”red”>初期キャラにには主人公やアイリス</font>という育てれば活躍することができるキャラクターもいます。育成の順番などの手順や序盤のキャラクターがそろうまでのコツを紹介します。

目次

初心者でも攻略できる?主人公やアイリスを使おう!

白猫テニスではチュートリアルのガチャでキャラクターとギアを一回ずつ回すことができます。チュートリアルで出るキャラクターは星2から星4まですべてのキャラクターが排出されます。(一部限定ガチャのキャラクターギアは排出されない可能性あり)

最初から最高レベルの星4キャラクターを入手するのが一番ですが、一回で引ける確率は低いです。

リセマラを行うと欲しいキャラが手に入る確率も高くなります。しかし、時間もかかるため行うことができない人もいると思います。そこでリセマラを行わずともゲームを進めるコツを紹介します。

アイリスと主人公が強い!!

初期からいる主人公とアイリスがいます。この二人だけ星1のキャラクターです。レアリティーとしては一番弱いように感じます。実際には星2キャラクターよりも強いです。なによりもこの二人は他のキャラクターと違う特別な点があります。

  • スウィングエリアが普通!
  • 覚醒レベル100の時のステータスが高い!

ストロークタイプとスピードタイプはスウィングエリアがせまいキャラクターしかいません。しかし、主人公とアイリスは初心者向けキャラクターとしてスウィングエリアが普通となっています。

この二つの点から星2キャラクターより初期の二人の方が育成の優先度は高いです。

※現在、通常時ではスウィングエリアは「せまい」か「普通」の2種類です。

白猫テニスの塔の10階まで登ろう

ゲームを初めて最初に目指すのは塔の10階です。そこまで到達するとチームに加入することができます。チームに加入することでチームの恩恵をもらうことができます。

チームの恩恵

  • チームの施設によってステータスが上がります。
  • ミッション報酬でガチャポイントがもらえます。

早めにチームに加入することが大切です。しかし、初心者の場合はチーム選びをしっかり行いましょう。

現在ではAリーグからFリーグまであります。FリーグかEリーグのチームを選びましょう。できるだけ人数の多いチームを選ぶことをお勧めします。

白猫テニスでガチャをするタイミング

ガチャとはキャラクターとギアがあります。キャラクターはガチャチケット1枚で1回行えます。ギアガチャは1枚で2回です。10枚チケットを溜めて回すことでおまけで1枚分多くガチャを回すことができます。できる限り10枚分溜めて回すことをお勧めします。

しかし、最初の頃は強いキャラや育成ができていないためにデイリーポイントを逃す可能性があります。そのため、星4キャラクター1体とギアそれぞれ1つずつが出るまでは少しずつ引きます。この方がガチャポイントの取り逃しが少なくなります。

白猫テニスで大切なのは育成の順序

白猫テニスでは育成に必要なルーンやソウルの入手が大変です。初心者がレベル100のキャラを1体育てるのに1週間かかることもあります。

育成の順番は星4キャラです。星4キャラや星3キャラを持っていない方はアイリスや主人公のレベルを上げましょう。そこでキャラを育てるためのコツを紹介します。

まずは、ルーンやソウルを集めるために塔でシングルスをします。育成素材を集める場所は塔やツアー、ダブルスなどありますが、塔が一番効率がいいです。

ルーンやソウルを集める際には「倍書」というアイテムがあります。このアイテムを使うことによって報酬が2倍になります。ゲームを始めた頃はたくさん入手できますので、キャラが育成できるまでは残す必要はないでしょう。

※倍書は朝練イベント(ゴールドやソウルの倍書)やイベントルーン(ルーンの倍書)などを使用することで効率が良いのでレベル100キャラの育成がが完了後に少し溜めて置くのが良いです。

初心者の白猫テニス攻略まとめ

白猫テニスでは序盤の育成やガチャの順番が大切です。星4キャラクターやギアを入手を目指しゲームを進めていきましょう。まず、1体のキャラクターの育成やギアの装備を整えることを優先します。

チームへの加入は早めに行いましょう。育成を進めるために塔を中心に進めていくことが大切です。

関連記事一覧

白猫テニスのおすすめ記事

コメントする