【荒野行動】SVD 評価

2018/09/25 更新

荒野行動に登場する武器、SVDの性能、使い方について紹介したいと思います。装着できるアタッチメントやダメージ値についても紹介しています。ドン勝するための情報も紹介していますので、立ち回りなどの参考にしてくださいね。

目次



SVD式の情報

基本情報 内容
武器種 狙撃銃
弾の種類 狙撃銃弾
装弾数(通常/最大) 10/15
射速 8
射程 550
ダメージ値 55

装着できるアタッチメント一覧

■マズルアタッチメント

  • 狙撃銃補正器
  • 狙撃銃消音器
  • 狙撃銃消炎器

■マガジン

  • 狙撃銃迅速弾倉
  • 狙撃銃拡張弾倉
  • 狙撃銃迅速拡張弾倉

■サイト

  • ドットサイト
  • 2×スコープ
  • 4×スコープ
  • 8×スコープ
  • 15×スコープ

■グリップ

  • 戦術グリップ
  • 戦術ラス

SVDの長所

小銃のように扱える狙撃銃

SVDは連射が可能なので、狙撃銃ながら小銃のように扱えます。

射程が長く、距離による威力も落ちにくいので
エイムに自身がない人でも15発まで、連続して撃つことができます。

ずっとスコープをのぞけるので、敵を見失うことはないと言えますし、
敵の狙撃が外れた際が好機といえるでしょう。

SVDの短所

威力は低くなっている

SVDはヘッドショットを決めても、
Lv1以上だと一撃で仕留めることができません。

狙撃銃の魅力は火力の高さにもあるので、狙撃銃としてはあまりお勧めできないといえるでしょう。

SVDのダメージ値

条件 胴体 手足
防具なし 137 55 25
Lv1 96 38.5 25
Lv2 82.5 33 25
Lv3 61.875 24.75 25

SVDの解説

アタッチメントも豊富な狙撃銃

SVDは補正器をはじめ、グリップの装着も可能なので、
フルカスタムを行うことで反動をかなり抑えることができます。

威力が低い分、連射力が高いので狙撃銃というよりは小銃の感覚で扱ったほうがいいかもしれません。

ただそれなら、連射性能が高い小銃を持ったほうが優位に立ち回ることができます。

違う狙撃銃か、小銃を持つまでの間に合わせとして使うことをお勧めします。

関連記事一覧

荒野行動のおすすめ記事

  • 【荒野行動】暴走サタン・月の紹介

    荒野行動に登場する乗り物、暴走サタン・月の性能、使い方について紹介したいと思います。最大人数や耐久値、速度についても解説しています。ドン勝するための情報も紹介して

    荒野行動
  • 【荒野行動】フィールドクルーザーの紹介

    荒野行動に登場する乗り物、フィールドクルーザーの性能、使い方について紹介したいと思います。耐久値やおすすめポイントなども紹介しています。ドン勝するための情報も紹介

    荒野行動
  • 【荒野行動】マセラティの紹介

    荒野行動に登場する乗り物、マセラティの性能、使い方について紹介したいと思います。耐久値やおすすめポイントなども紹介しています。ドン勝するための情報も紹介しています

    荒野行動
  • 【荒野行動】海戦精鋭の紹介

    荒野行動に登場する乗り物、海戦精鋭の性能、使い方について紹介したいと思います。耐久値やおすすめポイントなども紹介しています。ドン勝するための情報も紹介していますの

    荒野行動
  • 【荒野行動】子供時代の紹介

    荒野行動に登場する乗り物、子供時代の性能、使い方について紹介したいと思います。耐久値やおすすめポイントなども紹介しています。ドン勝するための情報も紹介していますの

    荒野行動

コメントする