【ポケモンGO】10kmたまごの確率ってどれくらい?たまごの種類と色を解説!

2018/09/26 更新

ポケモンGOで全ポケモンを攻略する上で欠かせないのが「たまご」の存在です。 街中でなかなか手に入らないポケモンを手に入れることができます。また、ジョウト地方のポケモンも手に入れることができます。 そこで今回は、ポケモンGOを攻略する上で重要な「たまご」の色の関係と確率について皆さんに紹介します。

目次

ポケモンGOで全ポケモンを攻略する上で欠かせないのが「たまご」の存在です。

街中でなかなか手に入らないポケモンを手に入れることができます。

また、ジョウト地方のポケモンも手に入れることができます。

そこで今回は、ポケモンGOを攻略する上で重要な「たまご」の色の関係と確率について皆さんに紹介します。

ポケモンGOのたまごの種類と色

ポケモンGOのたまごは3種類存在します。

それぞれ、孵化するまでの距離によって分類されています。

▼2km たまご



一番手に入りやすいのがこの2kmたまごです。

ポケストップなどで簡単に手に入れることができ、
孵化するまでの距離も短いです。

色は緑色です。

▼5kmたまご



次は、5kmたまごです。

2kmたまごよりもレアなたまごです。

ポケモンGOでも比較的長い距離を歩かないと孵化しません。

色はオレンジ色になります。

▼10kmたまご



なかなか手に入らないのがこの10kmたまごです。

手に入れても孵化するまで10kmもの距離を要します。

一方で比較的レア度の高いポケモンが入っている可能性が高いです。

色は紫色です。

それぞれのたまごの確率

3つのたまごを紹介しましたが、それぞれ手に入れることのできる確率が違います。

2kmたまご 5kmたまご 10kmたまご
50% 40% 10%



ポケモンGOで最もレアリティーの高い10kmたまごで獲得できる確率は約10%ほどです。

約半分が2kmたまごという結果になりました。

確率とレア度の関係について



ポケモンGOで全ポケモンを攻略する上で欠かせないのが「たまご」の存在です。

ポケモンGOでレア度が高い10kmたまごほど、レア度の高いポケモンがでる傾向があります。

また、個体値を見ても10kmたまごの方が高いです。

ポケモンGOの図鑑があと少しで埋まるのにというプレイヤーは、
たまごを孵化させることを考えてもいいもしれません。

関連記事一覧

ポケモンGOのおすすめ記事

コメントする