【ゆゆゆい】リセマラの効率的な方法 / 結城友奈は勇者である 花結いのきらめき

2018/05/21 更新

この記事では、「結城友奈は勇者である 花結いのきらめき」の効率的なリセマラの方法について紹介しています。所要時間は10分ほどです。

目次

ゆゆゆいってどんなゲーム?

時を超え、16人の勇者がここに集うーー。

『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』は、大人気アニメ『結城友奈は勇者である』をはじめとする、『勇者である』シリーズ初のスマートフォンゲームです。

オリジナルストーリーは、タカヒロ氏、朱白あおい氏らが担当し、ゲームオリジナルキャラクターとして登場する新たな勇者は『勇者である』シリーズでキャラクター原案を務めたBUNBUN氏が描き下ろしています。

戦闘はリアルタイムの攻防がアツいと評判のタワーディフェンスシステム。迫りくる敵「バーテックス」を迎え撃ち、勇者たちと共に神樹様を守りましょう。

シナリオパートは書き下ろしのオリジナルストーリーで、フルボイスで紡がれる勇者たちの新たな物語が展開! 勿論原作ストーリーも収録しているという、シナリオのボリュームも大です。

ゆゆゆいのリセマラの効率的な方法

  1. ゆゆゆいのアプリをインストールする
  2. 会話イベントをスキップする
  3. 戦闘チュートリアルをクリアする
  4. 初回のチュートリアルガチャを回す
  5. プレゼントから神樹の恵みを受け取る
  6. 神樹の恵みでガチャを引く
  7. 目当てのキャラが出なければ1からやり直す
所要時間
約10〜15分

1. ゆゆゆいのアプリをインストールする

まず、「ゆゆゆい」のアプリをインストールします。 アプリのインストールや初回データダウンロードは取得するデータが多いので、時間短縮のためにもWi-fi環境下でのダウンロードをおすすめします。

2. 会話イベントをスキップする

ゆゆゆいのインストールと初回データダウンロード終了後にオープニングが始まります。会話イベントでスキップできるところはスキップしましょう。

3. 戦闘チュートリアルをクリアする

会話をスキップしたら、戦闘チュートリアルが始まります。こちらはスキップ不可能となっているので、指示に従って進めつつ、システムの基本的な動作を覚えておきましょう。

4.初回のチュートリアルガチャを回す

戦闘チュートリアルクリア後に、各種キャラクター強化と神花解放のチュートリアルが始まり、その後にチュートリアルガチャを回すことになります。 ただし、ここでのガチャはRキャラ確定となっているので注意しましょう。

5. プレゼントから神樹の恵みを受け取る

チュートリアルガチャクリア後、プレゼントから神樹の恵みを受け取ります。 神樹の恵みはガチャを回すのに必要なものですので、忘れずに受け取っておきましょう。

6.神樹の恵みでガチャを引く

神樹の恵みをプレゼントから受け取ったら、勇者ガチャを引きましょう。 ちなみに6月9日時点では、メンテナンスのお詫びも含めて神樹の恵みが7050個もらうことができます。

7. リセマラ終了を判断する

ここでお目当のキャラクターが出たらリセマラ終了です。リセマラを続ける場合は、アプリを削除して1からやり直します。

ゆゆゆいのガチャ演出

大当たり(リセマラ即終了)の演出

ガチャの当たりについての演出は、この画面の神樹の色によって変化します。 大当たりの演出は、この虹色の輝きとなります。

当たり(リセマラ終了目安)の演出

当たりの演出の時は、神樹は赤く輝きます。これは虹、赤、青と3つの輝きのうち、2番目に相当します。

通常(リセマラ続行)の演出

通常の演出の時は、神樹は青い輝きとなります。3つの輝きのうち一番下に相当しますので、リセマラを行う時はこれを目安としましょう。

ゆゆゆいのガチャ確率

★5 7%
★4 25%
★3 68%

ゆゆゆいのリセマラでの当たり

ゆゆゆいのリセマラの当たりキャラは、【情熱】三好夏凛、【輝く心】犬吠埼風、【愛情の絆】東郷美森、【あなたに微笑む】結城友奈。いずれもSSRで性能が高く、使いやすいため、リセマラ候補として期待できます。

ゆゆゆいの必殺技や属性について

ゆゆゆいには「必殺技」という強力な攻撃スキルがあり、アイコンの周りのゲージが溜まったら発動でき、大ダメージを与えたり、複数の敵を同時に攻撃することができます。 必殺技は、アイコンを上にスライドすることで発動可能です。

さらに、属性相性というものがあり、属性相性は「赤→緑」「緑→青」「青→赤」「黄→紫」「紫→黄」の通りとなっています。

ゆゆゆいでは、優位属性に攻撃すると与ダメージが増加し、さらにその優位属性の敵を倒した場合は獲得できるEXPが増えます。

関連記事一覧

ゆゆゆいのおすすめ記事

コメントする