Last Shelter: Survival(ラストシェルター)のアカウントデータ、 RMTの販売・買取一覧

Last Shelter: Survival(ラストシェルター)

ラストシェルターは2018年度6月に日本に上陸したRTSゲームである。 砂漠のような土地を発展させていき、ゾンビから人々を守る最後の壁「ラストシェルター」を建設していくという世界観でゲームは進んでいく。 デザインなどがやや海外向けという点や、日本でリリースして間もないことから英語表記などが出てきてしまうことがあるが、いくつかの建設型RTSゲームをプレイしたことがある方なら特に問題なくプレイできるだろう。 また、初心者の方でもチュートリアルやミッションがあるので順にこなしていけば、建設型RTSゲームの概要は把握できるのではないだろうか。ゲーム目的は建設型ゲームの王道である「発展」と「バトル」である。 資材を消費して建物を建設したり、フィールドに兵士を派遣し物資の補給を行っていく。兵士の強化が進んだら、フィールドのゾンビとバトルを行ったり他プレイヤーの都市に攻撃を仕掛けてより多くの物資の獲得を目指そう。他プレイヤーとは対抗するだけでなく同盟を組むこともできるので、協力してプレイすることもできる。最終的には戦略性の高いゲームになるのがRTSゲームの特徴の1つ。戦略を練って、「ラストシェルター」を建設しよう。

現在、購入可能なLast Shelter: Survival(ラストシェルター)のアカウントデータは出品されていません。

新着出品通知に登録すると、商品が出品されたらメールで通知を受け取れます!

Last Shelter: Survival(ラストシェルター)の新着出品の情報をメールでお知らせします。

Last Shelter: Survival(ラストシェルター)の新着出品の情報をメールでお知らせします。

Last Shelter: Survival(ラストシェルター)のアカウントデータの相場

Last Shelter: Survival(ラストシェルター)のアカウントデータの販売価格の相場です。この相場は、ゲームトレードやヤフオク、メルカリなどで売買されたアカウントデータの価格から作成しています。リセマラアカウントから最強アカウントまで一括で相場が確認できるので、Last Shelter: Survival(ラストシェルター)のアカウントデータの価格を決める際にぜひご活用ください。

Last Shelter: Survival(ラストシェルター)の売買履歴なし

選択中の価格範囲では、取引された事例が見つかりませんでした。

Ajax loader

売買が完了した取引の一部からLast Shelter: Survival(ラストシェルター)の相場を作成しています

Last Shelter: Survival(ラストシェルター)について

Last Shelter: Survival(ラストシェルター)のおすすめポイント

ラストシェルターはゾンビをテーマとした世界観で、RTSゲームは比較的珍しい世界観なのではないだろうか? チュートリアルやミッションに沿って行けばある程度RTSが分からなくてもプレイできるという点は最近のRTSのどのゲームにも言えることなのだが、ラストシェルターは良くも悪くも上級者向けRTSゲームだろう。 プレイヤー層も恐らくこういった世界観や作りから、中々RTS初心者がこのRTSを選ぶということが考えにくいのでレベルの高いRTSゲームをプレイしたい方はラストシェルターをダウンロードしてみてほしい。 一般的には食糧や資材を確保し建設すれば、一定効率で資源の調達ができるというシステムであることがほとんどだが、ラストシェルターは世界が壊滅したという設定なので食糧は「食糧と水」がレストランから供給され、建設した施設の効率を維持するには発電所にエネルギーを常に供給する必要があるという点が独特で面白い。 日本より海外での評価が高いので、洋モノのRTSをプレイしたい方にもおすすめである。 また、RTSゲームの醍醐味である同盟ももちろん存在するので、ラストシェルター独自のシステムやアイテムを活かした戦略性の高いゲームをプレイできることが魅力。

出品