World of Tanks(wot)のRMT、アカウントデータの販売・買取一覧

Thumb worldoftanks

World of Tanks(wot)は、戦車を使用して戦うオンラインゲームで、一度にたくさんの人数でプレイできるのが特徴です。ベラルーシのゲームメーカー、Wargaming.netが開発したアクションゲームで、ロシアで2011年8月に正式リリースされました。全世界で7000万人以上がプレイしている人気ゲームです。日本では、テレビで放映された戦車アニメ「ガルパン」とのコラボレーション企画が実施されていた。例えば「ガルパン」のキャラクターがゲームに挑戦し、成長していくストーリーの漫画が発売されました。読者はその漫画を読むことでゲームのテクニックについて学ぶことができます。基本的にゲーム内でもらった通貨(Credit)だけを使用してプレイすることができるので無料ですが、課金するとプレミアム車両や特殊砲弾を購入することができます。戦車の操作はマウス操作と各種移動キーのみでできるので初めての人でも簡単です。車両タイプには、軽戦車・中戦車・重戦車・駆逐戦車・自走砲の5種類があります。戦車の動きがリアルで、背景などの画質もきれいなので、戦車マニアの人も対戦好きの人も楽しめるゲームです。

もっとみる

World of Tanks(wot)のRMTの相場

World of Tanks(wot)の販売価格の相場です。この相場は、ゲームトレードやオークションで実際に売買されたRMTの価格から作成しています。業者によるアカウントやRMTの販売は、価格相場が低いのに対してアカウント停止や削除の危険性が高い傾向にあります。「wotアカウント販売」が15000円、「WOTアカウント」が10000円、「World of Tanks (WOT) World of Warships (WoWs) ワールドオブタンクス アカウント」が8000円という価格で販売されました。

World of Tanks(wot)について

World of Tanks(wot)のおすすめポイント

『World of Tanks』(wot)――戦車戦を扱ったこのゲームの魅力は、多数登場する戦車の数々によって行われる大規模戦闘と、細部までこだわりぬかれたリアリティだ。主に1920年代から1960年代までに開発・設計・もしくは構想された戦車が登場し、その数は490以上になる。World of Tanksでは実際の外観を忠実に再現するだけではなく、傷や凹み、汚れといったディテールに至るまで精巧に造られた戦車は見ているだけでも楽しむことができる。砲撃音やエンジン音といった音響も臨場感があり、数十の戦車が疾走し、砲を撃ち合う戦闘の迫力は見物だ。World of Tanksの戦闘においては、徹甲弾や榴弾など、性質や効果の異なる様々な弾種が存在し、敵戦車の装甲厚などによって使い分ける必要がある。その装甲厚にしても、正面や側面、上面、さらに細かい部位ごとに固有の数値が決められているこだわりようだ。もちろん、砲の強さや砲弾の種類、敵戦車の装甲厚によっては砲弾が弾かれることもあるし、入射角が悪い場合などにも砲弾は弾かれてしまう。他にも、とことんリアルな戦車戦を追究した様々な要素やテクニックが存在する。全てを覚え使いこなすのは中々に難しいが、それだけ奥が深くやり込めるゲームということだ。一度プレイすれば、きっとそのリアリティと奥深さに魅了されること間違い無しだろう。

出品