スカイオーバー(SKYOVER)のアカウントデータ、 RMTの販売・買取一覧

Thumb sky over

スカイオーバーは、400万人が遊んだソーシャルゲーム『スカイロック』のクリエイターが再度集結して作成されたコマンドバトルゲームである。ジャンルは、コマンドアクションRPGである。脚本は、TVアニメ『青の祓魔師』や映画『GANTZ』なども手掛けた渡辺雄介氏を迎え入れ、キャラクターデザインは、ドラゴンボール関連のデザインに従事していた幹大樹氏が、それぞれ『スカイロック』から引き続き担当している。スカイオーバーのゲームシステムは、アタック、スキル、アイテム、ガードの4つから選択するコマンドバトルを採用している。スカイオーバーのプレイヤーは、キャラクターのギアを解放して強化したり、魔者と呼ばれるユニットを召喚しながら攻略を目指す。また本作では、対人戦やマルチプレイも搭載されており、楽しみ方の幅はかなり広くなっている。スカイオーバーには、豪華な声優陣も起用されている。主人公には梶裕貴さん、鍵を握る謎の少女には、内田真礼さんが声を当てている。全国のスカイオーバープレイヤーとのマルチプレイも可能となっており、白熱した戦いが繰り広げられそうだ。スカイオーバーが気に入った人は、、アナザーエデンカムライトライブなどもチェックしてみてほしい。

スカイオーバー(SKYOVER)のアカウントデータの相場

スカイオーバー(SKYOVER)の販売価格の相場です。この相場は、ゲームトレードやオークションで実際に売買されたアカウントデータの価格から作成しています。業者によるアカウントやRMTの販売は、価格相場が低いのに対してアカウント停止や削除の危険性が高い傾向にあります。「スカイオーバー アカウント ☆6 イフリート、バハムート(リセマラ)」が3900円という価格で販売されました。

売買が完了した取引の一部からスカイオーバー(SKYOVER)の相場を作成しています

スカイオーバー(SKYOVER)について

スカイオーバー(SKYOVER)のおすすめポイント

スカイオーバーのバトルシステムは、アタック、バトルはアタック、スキル、アイテム、ガードから行動を選んでいくコマンドバトルを採用している。4人でのマルチプレイも搭載されており、仲間と共に敵を倒していくことができる。スカイロックでは、搭載されていなかった、対人戦も白熱できる要因の一つとなっている。スカイオーバーの最もオススメの点は、RPGの要素がしっかりとしている点である。ストーリーとRPGの要素をバランスよく楽しむことができ、プレイヤーが飽きないような工夫がなされている。ストーリー面では、TVアニメ『青の祓魔師』や映画『GANTZ』なども手掛けた渡辺雄介氏が担当している。一方でRPG面では、勇者そのものの強化に加えて武器の強化も幅広いものとなっている。勇者の強化は、ツリー状のギアを解放していくことで可能となっている。また、武器にもツリー状のギアがあり、スキルの解放などもここから行うことができる。豪華声優陣も起用されており、ますます目が離せない作品となっている。

出品