Pc banner

ぼくとダイノのアカウントデータ、 RMTの販売・買取一覧

ぼくとダイノ

ぼくとダイノは今、自分がいる街に恐竜が出現する恐竜ARハンティングRPGだ。AR機能を使うので、現実世界とアプリがマッチして、目の前に恐竜がいるような錯覚になる。目の前にいる恐竜を捕獲し、野生の恐竜と戦略性の高いバトルをしよう。まさに「ポケモンGO」の恐竜版といえる作品となっており、育成やバトルといったシステムもしっかりと作りこまれている。さらに街づくりシミュレーションを行うこともでき、自分だけの街を作り上げることも可能となっている。 恐竜を捕獲したい場合は位置情報を送信する必要があり、捕獲エリアに移動しなければならない。捕獲エリアではカメラモードへと切り替わり、プレイヤーの近くにいる恐竜に向かいボールを投げ、攻撃を行う。恐竜は逃げることもあるが、ゲージを0にすることで捕獲成功となります。 バトルは基本的に放置となっている。あらかじめ恐竜をフィールドに配置しておくだけで後は勝手に戦ってくれる。簡単操作も魅力の一つといえるだろう。 もう見ることができない恐竜が現実の世界に現れるという非現実を味わえるぼくとダイノ。恐竜好きの人はぜひプレイしてみてほしい。 その他のARゲームでは、「フィッシングストライク」や「妖怪ウォッチワールド」もおすすめだ。

ぼくとダイノのアカウントデータ売買

ぼくとダイノのアカウントデータ取扱中!登録無料ですぐに取引できます!取引はメッセージで簡単にできて、お金のやりとりはゲームトレードが仲介するから安心!ぼくとダイノのアカウントデータの売買はゲームトレードにお任せ!

  • 【全国20位以内】最強&期間限定LR揃い【★2ペラゴルニス】【★3ユウティラヌス】ケントロ・ギガノト|ぼくとダイノ

    【全国20位以内】最強&期間限定LR揃い【★2ペラゴルニス】【★3ユウティラヌス】ケントロ・ギガノト

    【進化済み】LRの中でも人気上位、最強ランキング上位キャラ揃い 【期間限定LR】★2ペラゴルニス 【最強遠距離攻撃LR】★3ユウティラヌス 【最強防御LR】★3ケントロサウルス 【鳥類最高防御LR】★2アルゲンタヴィス 【スキル最強LR】★2ギガノトサウルス ↑↑↑↑↑↑最強パーティ↑↑↑↑↑↑↑↑ 【ほかのLR】 ケツァルコアトルス アロサウルス スティラコサウルス 【ほかのパーティ要員】 S

    LR恐竜の数:9

    コインの枚数:0

    キャラレベル:32

    本人確認済み評価 10+
    • (38%OFF)

    • ¥800

    • ¥500

    ×1

  • 【最強防御壁 LR ケントロサウルス ★3】など【LR5体アカウント】【全国50位】【奇跡】|ぼくとダイノ

    SOLD

    【最強防御壁 LR ケントロサウルス ★3】など【LR5体アカウント】【全国50位】【奇跡】

    全国TOPクラスギルド加入 攻撃最強 LR ギガノトサウルス 鳥類最強 LR アルゲンタヴィズ

    LR恐竜の数:6

    コインの枚数:761

    キャラレベル:記入なし

    本人確認済み評価 10+
    • ¥80,000

  • いいねで値下げ通知

    ゲームトレード会員限定!値下げ通知が受け取れる!

    ゲームトレード会員限定!気になるぼくとダイノの商品にいいねをしておくと、商品が値下げされたらお知らせが受け取れる!

    ¥0

    ×1

ぼくとダイノのアカウントデータの相場

ぼくとダイノのアカウントデータの販売価格の相場です。この相場は、ゲームトレードやヤフオク、メルカリなどで売買されたアカウントデータの価格から作成しています。リセマラアカウントから最強アカウントまで一括で相場が確認できるので、ぼくとダイノのアカウントデータの価格を決める際にぜひご活用ください。

ぼくとダイノの売買履歴なし

選択中の価格範囲では、取引された事例が見つかりませんでした。

Ajax loader

売買が完了した取引の一部からぼくとダイノの相場を作成しています

ぼくとダイノについて

ぼくとダイノのおすすめポイント

ぼくとダイノの魅力はAR機能を十分に活用した恐竜の捕獲ということにある。現実世界には決して現れることがない恐竜がスマホを通して自身の前に現れるのだ。昔から恐竜が好きという人にとっては夢のようなアプリといえるかもしれない。「ポケモンGO」よりもさらに現実性があり、併用して遊ぶということもおすすめできる。さらに捕獲エリアはかなり広くなっているため、自宅に居ながらも恐竜を捕獲することもできる。自宅に恐竜が実際いれば恐怖だが、AR世界なので安心してほしい。 さらにぼくとダイノでは街づくりといった要素もある。捕獲パート以外は街づくりに熱中することができる。恐竜を自身の作った街に住まわせることもでき、自分好みの街を作ることもできる。「シムシティ ビルドイット」などにも劣らないシミュレーションゲームといった印象を受けることもできた。街づくりと恐竜がうまくマッチした作品といえる。ぼくとダイノは恐竜好きの人はもちろん、ARゲームを今、している人におすすめしたい。いろいろなARゲームと併用して遊ぶことで、一度で二度楽しむことも可能となっている。街づくりシミュレーションゲームとして楽しむこともできるので、やりこみ要素もしっかりとあるといえるだろう。その他のARゲームでは、「フィッシングストライク」や「妖怪ウォッチワールド」もおすすめだ。

出品