【FF14】両手剣「源氏之長巻」の評価

2018/07/09 更新

この記事はFF14の両手剣タイプのEXR武器「源氏之長巻」について紹介しています。高難易度コンテンツ「次元の狭間オメガ零式:デルタ編4」で入手できるアイテムのひとつであるこの武器は全体的にトップクラスで、攻撃間隔さえ気にしなければ文句なしのスペックを持っています。今回はこの武器の文句なしのスペックについて解説していきます。

目次

FF14源氏之長巻の基本情報

ITEM Lv 装備Lv 職業
345 Lv70~ 暗黒騎士
物理(魔法)基本性能 物理オートアタック 攻撃間隔
100 98.66 2.96

FF14 源氏之長巻のステータス

ボーナスステータス

STR VIT 意思力 不屈
+308 +196 +328 +280

修理情報

修理レベル 鍛治士 Lv60~
修理資材 ダークマターG7
マテリア装着レベル 鍛治士 Lv70~
マテリア化 ×
武具投影
アイテム分解 345.00
クレスト装飾 -
染色

FF14 源氏之七支刀の入手方法

取引アイテム

アイテム名 必要な個数

デルタデータログ4.0
8

買取価格

買取価格
2,647 Gil

報酬クエスト

タイトル エリア レベル
もとの形へ 次元の狭間 70

FF14 源氏之長巻の評価

FF14 源氏之長巻の強いところ

紅蓮のリベレーターのレイドダンジョンで高難易度コンテンツ「次元の狭間オメガ零式:デルタ編4」でドロップする両手剣タイプのEXR武器で、高難易度コンテンツのドロップ報酬だけあってその性能はかなりのものです。


物理基本性能は100、物理オートアタックは98.66と最強クラスで、さらにボーナスステータスもSTR+308、VIT+328、意思力+196、不屈+280といずれもダントツと言っても過言ではないほどの高さです。


これだけ全体的にハイスペックな武器ならば、ストーリーはもちろん、高難易度コンテンツのマルチバトルやレイドダンジョンでのボスとの戦いでも活躍できることは間違いありません。

FF14 源氏之長巻の弱いところ

高難易度コンテンツのドロップ品の中でも最強クラスのスペックを持っており、EXRのランクに恥じない価値を誇っているため、ぜひとも入手したい武器であることに変わりはなく、非の付け所がありません。


そこでどうしても欠点があるとするならば、両手剣タイプとしてその大振りな外見に見違わず、攻撃間隔は2.96と遅めにあります。素早く攻めたり、手数を増やすにはやや難しいのが実情です。


手数を増やすことにこだわらない、暗黒騎士のジョブとしてこれで十分だという方にはこの武器を選んでも問題はありません。しかし、手数を増やしたいという方はジョブを変えて他の武器を探したほうがいいでしょう。

FF14 源氏之長巻の評価まとめ

「次元の狭間オメガ零式:デルタ編4」で入手できる両手剣タイプのEXR武器「源氏之長巻」は、全体的に文句なしの性能で、初心者から上級者にかけて暗黒騎士をメインのジョブとするプレイヤーにはぜひとも欲しい一品です。


唯一の欠点である攻撃間隔については、暗黒騎士として手数は気にせず攻撃と防御に徹することで受け入れるか、もしくはジョブに鞍替えするかのどちらかを選ぶしかありません。この武器をどうするかについては、プレイヤーの皆さんの好みと考え次第となるでしょう。

関連記事一覧

FF14のおすすめ記事

コメントする